悩み解決するには本屋に行ってもダメ!【エンターテイメント】

このブログは、詐欺のような情報が氾濫するインターネットの世界で、 最も審査基準が厳しいことで知られる国内最大情報販売サイト『infotop』 の情報に特化して配信しています。

野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組




野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組の公式サイトはこちらをクリック


キャッチャーで上達する人、しない人、いったいその違いはどこから

来るのか?



ピッチャーの次に勝敗を左右するポジションがキャッチャーなのです。



あの1球を確実にアウトにできていれば・・・


もっとコントロールがよい送球ができていれば・・・


ワイルドピッチも柔軟に捕球してくれれば・・・


しかし、キャッチャーの多くは、機敏に動けないから、内野手を優先

しているからなど消極的な理由で選ばれた人も多い。



あまり重要視されていない面もあります。



キャッチャーの練習といえば、ピッチングのキャッチャー、シートノ

ックでのバント処理やキャッチャーフライの捕球、内野手が守っての

バント処理、ゲーム形式でのサインプレーやカットプレーなど、どち

らかというとキャッチャーの基本を学んだり、キャッチャーのための

練習をしていないのが現実だと思います。



それは、多くの指導現場にキャッチャー経験者がいないからなんですね。



他のスポーツでも言えることですが、野球と、ひとくくりにされても

ピッチャー出身者がキャッチャーの指導法がわからなくて当然です。



少年野球のキャッチャーでも、捕球、送球やリードなど、他のチーム

のキャッチャーとは比べ物にならない程、上手い選手を目にすること

があります。



キャッチャーが上手い人と、下手な人の違いには、いくつかの要因があり、

上手い人の要因を、今回の指導者である定詰さんが理解しているので、



なるほど、そうやって捕球しているのか・・・


捕球から送球までの練習は、こうやるのか・・・


など、目からウロコの連続になるでしょう。



定詰さんの指導法は、本当に丁寧でわかりやすいので、少年野球の選手で

も容易に理解できるでしょう。



一つ上げれば、野球において審判の判定は非常に重要です。



多くの方はストライク判定を増やすのに、間違った考えをもっています。



”ボール球はストライクゾーンにミットを素早く動かす。”これは定詰さん

から言わせれば一昔前の古い方法です。



これでは決して良いキャッチャーにはなれません。



正しい捕球をすれば、それだけでストライク判定を増やすことができるの

です。



長年、プロ野球に1軍選手として活躍していた定詰さんならではのコツは、

ここでしか知ることができません。




野球キャッチャー育成プログラム【元・千葉ロッテマリーンズ捕手 定詰雅彦 監修】DVD2枚組の公式サイトはこちらをクリック