悩み解決するには本屋に行ってもダメ!【エンターテイメント】

このブログは、詐欺のような情報が氾濫するインターネットの世界で、 最も審査基準が厳しいことで知られる国内最大情報販売サイト『infotop』 の情報に特化して配信しています。

40代からの激芯アプローチマスター~yの法則とは?~




40代からの激芯アプローチマスター~yの法則~の公式サイトはこちらをクリック



あなたは、ある一定の形や動きに沿って物事を行うと、必ず同じ結果が出る!

という法則を知ってますか?



アプローチが下手な方の多くは、毎回同じように打てていないため、思った

よりもボールが飛んでしまったり、ランが出てしまったり、逆にボールが止

まってしまったりするのです。



毎回、同じようにボールを意図したようにコントロールすることができれば、

まるでボールを、リモコンで操っているかのごとく、寄せワンを獲ることが

できるのです。



このアプローチの極意「yの法則」では、ある一定の法則に従ってアプローチ

をしていきます。



よくプロの試合で、低く出たボールがピンの真横で、キュキュ!っと止まるの

を、ご覧になったことがあるかと思います。



打ち方としてはフェースを開いておいて、更にダウンブロー目にヒットしなが

ら、低く打ちだしていくという高等技術。



あるいは、深いラフからポーンとボールを上げて、死んだボールでフワっ!と

寄せる技術。



こんな感じの超特別な打ち方は、特別な人にしかほぼ出来ない技術です。それ

が出来るプロや、トップアマはほとんど一握りです。



しかも、それぞれに独特の打ち方があり、人それぞれやり方が全く違ったりす

るのです。



つまりこれは、特別な人にしか出来ない特殊な打ち方のため、マネのしようが

ありません。



そして、真似をしようとすることで、あなたのアプローチはどんどん複雑になっ

ていき、知らず知らずのうちに変な癖が身についてしまいます。



アプローチを寄せるための大原則は、その状況にあったアプローチを行うという

ことです。



どういうことかというと、例えばボールはグリーンのすぐ近くで、ピンまでの距

離が遠かったとします。つまりグリーン面が大きく使える場合です。



そんな時は、出来るだけ転がしていける打ち方や、クラブの選び方などが最適な

んですが、基本的に転がすための動作を行うべきなんです。



それをわざわざ、距離の合いにくいボールを上げる動作、例えばロブショットと

かピッチショットなどで寄せるのは、状況にマッチしていないと言えます。



わざわざ、アプローチの難易度を上げているだけです。



つまり、その時に最適な打ち方が、アプローチを寄せるコツであり、yの法則は

全ての状況に合わせることが可能な打ち方なんです。


40代からの激芯アプローチマスター~yの法則~の公式サイトはこちらをクリック