悩み解決するには本屋に行ってもダメ!【エンターテイメント】

このブログは、詐欺のような情報が氾濫するインターネットの世界で、 最も審査基準が厳しいことで知られる国内最大情報販売サイト『infotop』 の情報に特化して配信しています。

バレーボールの指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』~


バレーボールの指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』~の公式サイトはこちらをクリック



あなたは、少しでもチームを強くするために、本を読んだり、ネットで情報

を探したり、さまざまな練習法や指導法を学びながら、試行錯誤をくり返し

て居られるのではありませんか?



そして、「できることなら、地区大会、県大会で良い成績を残したい」。



もし、そうであるなら、今回初公開となる、「弱者が勝つためのバレーボール

」を知らないのは、損でしかありません。



これは、一般的な指導書に書かれているような、ありふれたノウハウではあり

ません。バレーボール指導歴35年のベテラン監督が、数えきれないほどのゲー

ム内容を徹底的に分析し、作りあげた戦術です。



今回、弱者が強者に勝つためのバレーボール戦術を教えてくれるのは、益田清

風高校女子バレーボール部の監督を務める、熊崎雅文監督です。



その指導理論は、多くのバレーボール指導者から「公立の希望」と言われるほど。



もし、あなたが、素質に恵まれない選手ばかりのチームや、練習時間の少ないチ

ームを育て、今まで越えられなかった壁を破りたいと思うなら?



「正しい」とされている指導法を、一度、疑ってかかる必要があります。



たとえば、能力の高い選手を抱える強豪校の練習法が良いと言われていても、そ

れがかならずしも、あなたのチームにベストな方法とは限らないからです。



また、勝てるチームを作るには、アタック決定率を上げなくてはならない。あなた

は、こう考えていませんか?



実際、多くの指導者がこう考え、コンビネーション攻撃や体力強化、スイング強化

などにたくさんの時間を費やしています。



ですが、驚くことに熊崎監督は、「アタック決定率を上げることにこだわってはい

けない」と言います。



いったい、なぜ、アタック決定率を上げることにこだわってはいけないのか?





弱者がひとつでも多く勝つことを目指すなら、アタック決定率を上げることにこだ

わらず、自分たちで改善できる攻め、つまり、決まらないボールの内容を改善する

練習が重要なのです。



勝つためには、ガンガン得点を取らなくてはならない。



多くの指導者がこう考えがちですが、実は、あることに目を向ければ、得点が取れ

なくても、また、アタックが決まらなくても勝てるゲームが増えます。



では、「あること」とは何か?



バレーボールの指導革命~発想の逆転『弱者のバレー』~の公式サイトはこちらをクリック