悩み解決するには本屋に行ってもダメ!【エンターテイメント】

このブログは、詐欺のような情報が氾濫するインターネットの世界で、 最も審査基準が厳しいことで知られる国内最大情報販売サイト『infotop』 の情報に特化して配信しています。

ママさんバレー上達の極意~ママさんバレーを極めるテクニック~ 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】




ママさんバレー上達の極意~ママさんバレーを極めるテクニック~ 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】の公式サイトはこちらをクリック



これは、世界の名センターとも呼ばれ、サーブ賞、ブロック賞、スパイク賞、

最高殊勲選手賞、敢闘賞などなど数多くの賞を獲得してきた江上由美さんに

よるママさんバレーに特化したバレー上達法です。



ママさんバレーのある試合。接戦が続き、あと1点決められたら終わりという

ときにサーブを打つことに。



サーブをミスしたら負け。全責任が自分にのしかかっているような状況で、大

きなプレッシャーを感じる中、ボールをトスしました。そしてサーブを打つと

……緊張のせいかボールをミートした瞬間にイヤな感覚が。



すると、ボールはネットに引っかかってしまいました。



まさかの失敗で頭が真っ白になりかけましたが、なんとか気を取り直して2回目

のサーブを打とうとボールを手にすると、さっきよりも外せないという大きな

プレッシャーを感じるように。



口の中は乾くし、心臓の鼓動は妙に早く、手には妙な汗が。チームメイトの背中

からは無言のプレッシャーを感じてサーブを打つどころかまともに立っていられ

ない感覚が体を襲ってきます。



それでも何とか気を取り直してボールをトスしてサーブを打つと……。



なんとボールは吸い込まれるようにネットに引っかかってしまいました。いつも

ならまず間違いなく相手コートに届くはずなのに……。



それで試合は終わり。自分の責任で負けてしまった……というイヤな気持ちを全

身で感じながら顔面蒼白になり、その場で固まってしまいました。



声の大きなバレーに熱心な人からは「何やってんの!」と罵声とも言えるような

キツイ口調で責められました。



他のチームメイトはその人に遠慮して何も言えずにうつむくだけ……。助けてく

れる人もおらず、今すぐそこから逃げ出したい気分……。



試合後、「あんなミスをするなんて自分が情けない……もう辞めたい……」そう

思いつつも、メンバーに余裕がないチームということもあって辞めてしまうと試

合に出ることすら難しくなってしまう状態。



辞めても迷惑をかけることになり、いたたまれない気持ちになってしまいました。



あなたがここまでキツイ状況を経験したかは分かりませんが、肝心な場面でミス

をしてしまうとへこみますよね(もしかしたらもっとキツイ状況に陥ったことが

あるかもしれませんが)。



バレーボールはチームプレイ。うまく決めたり守ったり、絶妙なトスを送ったり

すれば、チームからも賞賛の声が上がる一方、チームによってはミスをすると責

められるなんてこともあるでしょう。



温かいチームもあるとは思いますが、ミスをすると多くの人は自責の念に駆られ

るのではないでしょうか?「私のせいで迷惑かけてしまったな……」といった具

合に。



自分の技術がもう少しでもあれば……と自分を恨むばかりだけれど、週1回や2回

といった限られた時間でしか練習できないし、個人レッスンもちょっと難しい。



家で一人でできるような練習方法も知らないし、どうしたらいいの!?



そんな悩みを抱えいてる人のための教材が、まさにこれです。





ママさんバレー上達の極意~ママさんバレーを極めるテクニック~ 【元オリンピック銅メダリスト江上由美 監修】の公式サイトはこちらをクリック